ブラウン管テレビの処分方法

ブラウン管テレビの処分方法

ブラウン管テレビを処分するのは中々大変です。一般の小売店では液晶テレビ以外は下取りはしてくれません。たまに地域を回ってくる買取業者も足下を見ては、引き取り料金を吹っかけます。それを知っていても、大きなブラウン管テレビを早く処分したかったので、家にあった29インチブラウン管テレビを回収してもらいました。他のがらくたを一緒に持って行ってもらったので、個別の金額は正確には覚えていませんが、5千円位ではなかったのでしょうか?これは地デジ化前の話です。

 

さらに、親から譲ってもらったブラウン管テレビがもう一台あったので、それはジャパネットタカタで32インチの液晶テレビを購入した時に、「テレビの設置・引き取り(リサイクル)」というサービス(有料)でブラウン管テレビを引き取ってもらいました。

 

ジャパネットたかた設置・引き取り
対象テレビはブラウン管式テレビ、チューナー付き液晶テレビ、プラズマテレビで、家電リサイクル法対象以外の不用品・廃棄家電の回収は承っていない。

 

家電購入時の引き取り(リサイクル)は、大手の家電量販店ではどこでもやっています。また、地元の市役所や区役所のゴミ処分担当に聞けば処分業者を紹介してくれます。

 

 

 

△もっと知りたい買取・下取りトップページへ戻る

中古家電輸出業者

先日、たまたまテレビ(※)で古いテレビの処分をしていて知ったのですが、「中古家電輸出業者」というものがあるそうです。
日本で廃棄される家電製品のほとんどは、修理すればまだまだ使えるものが多い。日本で使えなくても海外では有効に使うことができます。日本で古くなった家電製品、少し壊れても修理すれば動く家電製品を引き取り海外に輸出販売しているのが「中古家電輸出業者」です。テレビで紹介されていていた業者が、浜屋HAMAYAさんでした。製品の買取は、基本的に持ち込みですが、大量の場合は相談してみましょう。また、処分だけはやっていないので注意してください。

 

■中古家電買取・輸出販売・リユースの浜屋HAMAYA

 

 

浜屋さんでも、何でもかんでも引き取ってくれるわけではありません。テレビの場合は、液晶テレビとブラウン管テレビとしか書かれていませんが、あまりにも古いテレビの場合は確認が必要です。心配の場合は、取り扱っている商品かをまず確認しましょう。また、最寄りの浜屋さんに直接電話して問い合わせてみよう。

 

■浜屋HAMAYA・アクセス

 

■がっちりアカデミー(TBS)

 

 

 

△もっと知りたい買取・下取りトップページへ戻る